Save the Dental Pulp 4回目

今日はsave the dental pulp の4回目でした。

このコースは生活歯髄療法のみをTopicに絞り、解説していくコースの2期目で今日が4回目です。

今日はPulpotomyに関しての講義でした。

生活歯髄療法において鍵になるのは年齢ですが、なぜ年齢が鍵になるか?参加者の先生にはご理解いただけたと思います。

Pulpotomyの成功率は極めて高く、成人で診断上Irreversible Pulpitisであったとしても成功率が100%近い!という論文が昨今多くありますが、そのカラクリを知ることができたと思います。

カラクリを知るには基礎力、基礎的な知識の注入、が必要不可欠です。

論文に、アブストラクトにそう書かれているから、だからそれが正しいのだ、というのは短絡過ぎます。

そこに書かれていることに対してどう解釈できるか?というのが重要でそれが考察力なのですが、考察力は基礎力を身につけないとつきません。

常に考えて行動できる臨床家になってもらえるように極力わかりやすく講義することに務めています。

ナイトレクチャーは参加者は4名までとさせていただいています。

4名までがDiscussionできるのにちょうど良い人数です。

来年も開催しますので、よろしくお願いいたします。