#12 再根管治療(上顎第1小臼歯3根管)

消えたHPが復活しました。。。

先生、廃業したんですか?とかよく言われましたが(笑)、私は元気です。

最近は予約で1ヶ月身動きとれませんでした。

今後ともよろしくお願いいたします。


さて、今日は変わった根管について。

紹介の患者さんで主訴は鼻の付け根を押すと痛む。

PAでは確かに、#12と#13の間に透過像が見られる。

#12,13が臨床検査の結果、この痛みを再現することができたため、両方とも再根管治療となった。

紹介していただいた先生が術前のPAを見て、なんかこれおかしいな・・・と気づいてこういうケースは難症例だからと、患者さんに懇切丁寧に説明してくれたおかげで、患者さんはここにたどり着くことができた。

MB根の根尖部付近に透過像が見えるのがわかる。

患者さんの症状も軽減した。

これから経過観察も#13の再根管治療も必要だが、こういう3根管というのは珍しいことなのだろうか??

第1小臼歯の3根管の発生率は5%程度だと言われている。

100人いて5人にはこういうパターンがあるということだ。

ちなみに#13も怪しいが、第2小臼歯だと1%程度だという。

根管治療、特に再根管治療は複雑で難しく、見通しが立たない場合が多い。

歯科治療は見通しが立ちます。

もし現状に見通しが立っていないのであれば、是非ご紹介またはご連絡ください。

ベストを尽くして患者さんに当たらせていただきます。