15 minutes RCT!

昨日に続いて検索から。

当歯科医院の検索で、”抜髄 何分”

と言われるものがあった。

かつて私はとある見学先の院長と言われる方から、抜髄を30分以内にできないと一人前とは言えないなどと言われたが、なるほどそういうことだったのか!と感じさせる動画を今日ファカルティが紹介してくれた。

15分程度で大臼歯の抜髄・根管治療が終了している。

もし患者さんで安く、早く、確実に終わることを望むならばこのような方法を行う歯科医院を探すべきだろう。

ただしこの動画をみて患者さんは

”これがダメな根管治療の典型である”ということを理解しなければならない。

さもなければ、あなたは私が以前述べたようなトラブルを得るだろう。

抜髄・根管治療でのトラブル①

抜髄・根管治療でのトラブル②

何が問題か分かるだろうか??

最大の問題は、ラバーダムをせずに根管治療を行っているということである。これでは根管治療の本来の目的(細菌感染の防止)に唾してしまう行為である。

しかも根管長測定器を用いて根管長の測定をしていない。(もしかするとこの前のアポで作業長は測定済みか?)作業長は根管形成すると必ず変わるので根充前にはチェックが必ず必要だが。

しかもラバーダムを使用していないため、根管形成中に洗浄液を根管内に浸せないのでこれでは根管は目詰まりするだろう。しかも大きなファイルでのファイリングは根管にレッジを作る羽目になってしまう。ファイルには一切プリベンドした形跡も見当たらない。この世の中にどストレートな根管など存在しないのに。

根充も事実上のシングルポイントであり、口蓋根はレントゲン的根尖から5mmはアンダーだろうか。

我々レジデントは卒業すると、正確さとスピードを求められるが、この動画のような根管治療をプロバイドできるEndodontistは世界中探してもどこにもいないのだということに日本人の患者さんはもうそろそろ気づくべきであろう。

早い≠bestな根管治療と考えないことである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください