”抜髄治療 麻酔が効かずすすまない”

この仮ホームページもじわじわと認知度が広がっているようで、様々な検索でこのページにたどり着いた形跡が見られてとても面白い。

そんな中でも興味深かったのが、

”抜髄治療 麻酔が効かずすすまない”

というものである。

恐らくこれは患者さんが麻酔が効かなくて抜髄が終わらない、どうにかならないか?あるいは何が原因か?とgoogleを検索したものに違いない。

歯科医師が色々なテクニカルなマターを学ぶのも確かに必要だが、どんなファイルを使おうと、洗浄液や洗浄システム、根充材や根充方法を行おうと、マイクロを使おうとルーペを使おうと、その前に必要になるのが麻酔であり、麻酔がきちんと行われなければ抜髄や根管治療はできないのだ。

エンドの文献やテキストブックでどうやれば麻酔を効かせることができるのか?を手っ取り早く知るには、AAEのColleagues for excellecnceを見るのがいいだろう。

スクリーンショット 2016-04-11 20.50.29

麻酔を効かせるにはどうすれば良いか?AAEのposition statementを見ることができる。

しかしこれに限らず、エンドの文献やテキストブックで見られる麻酔の効き目の有無の研究は基本的にどのようなものであっても、Nerve block+Infiltrationとなっている。

従って伝達麻酔のない、歯内療法は基本的に考えられない。

例えば今日も自発痛があり触れると痛みが発生するという#2の再治療があったが、伝達麻酔なしでは痛みをコントロールするのは不可能だっただろう。

伝達麻酔をきちんと打てるか?どうか?が歯内療法成功の鍵となる。

また伝達麻酔後は、それが奏功しているかどうか?治療する前に(ラバーダムをかける前に)確かめなければならない。

今日の急性Perの場合であれば、ラバーダムをかける前に打診痛や咬合痛があれば治療を始めることはできない。麻酔を追加しなければならない。

その時、打てる手がinfiltrationしかなければ、痛みをコントロールすることはできない。

思えば去年の一時期はこうしたhot tooth caseばかりを行っていた。

麻酔の不快感を怖がっていては、適切な歯内療法を提供することはできないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください